直接金融の仕組み

| 未分類 |

直接金融にはいくつかの種類がありますが、その基本となるものが株式と債券です。この二つの仕組みを把握しておくことが必要です。
株式は、会社の所有権とも言われるもので、株式を購入すれば会社の一部を自分のものにすることができます。もしも全ての株式を購入した場合、その会社は自分のものと言っても良いのです。購入するときには代金を支払わなければなりませんが、会社側箱の代金を受け取ることによって資金調達を行います。株式を購入した人は、将来的には株式を売却するという形で回収することができます。企業が成長していれば高い価格で売却できますから、これによって資産を増やすこともできるのです。
債券も基本的には同じですが、価格と期間を決めておくという点で異なっています。例えば、1年後に100万円で償還するというように、購入する時点で期間と金額を定めておくのです。こうすることによって、投資家は約束したときに約束した金額をつけとる事ができますから、投資しやすいと考えられます。
株式と債券とが基本になりますが、例えば、株式に転換する権利のついた債券などもありますから、その形態は様々ですが、投資家と会社側で直接的に資金がやりとりされるという特徴はあります。