手数料の引き下げ

| 未分類 |

金融に関する規制が緩和されたことによって色々な変化が起こりましたが、その一つが手数料の引き下げです。株式取引に関しては、ネット証券が登場したことによって取引に係るコストはかなり安くなったと言えるでしょう。
それ以前は、多くの証券会社は足並みをそろえていました。証券会社を運営するためには様々なコストがかかります。店舗を持っている証券会社では、まず店舗を維持するためのコストがかかりますし、人件費もかかります。過去には取引所で人と人とが取引を行っていたために、これにも多くのコストがかかっていたのです。
規制緩和が行われたことによってネット証券が登場したのですが、ネット証券は店舗を持ちませんから、多くのコストを削減できるようになりました。また、人件費もかなり抑えることができるようになったために、投資家が負担するべきコストも小さくなると考えられるのです。
これが市場にもたらした影響の中でもっとも大きなものが個人投資家の引き込みです。個人投資家が簡単に取引ができるようになったために、市場に個人の資金が流入し、取引は活性化したと言えるでしょう。以前はデイトレードというと証券会社の自己売買部門や機関投資家しか行う事ができなかったのですが、個人でも行う事ができるようになったのです。