利便性の向上

| 未分類 |

規制緩和によって金融商品の取引が多く行われるようになったことによって利便性は向上したと言えるでしょう。規制緩和だけがその理由ではなくて、取引を行う人が増えたと言うことが大きな理由だと考えておくべきでしょう。
ここ最近では、ネット証券やインターネット取引が行われるようになったことが非常に大きく影響していると考えられます。インターネットを活用することによって、過去には一部の投資家しか行う事のできなかったリアルタイム取引が、誰にでもできるようになったと言えるでしょう。むしろ、最近ではインターネットを使った取引のほうが主流となりつつあります。これは大きな変化だと考えられ、個人投資家にとっては管理便利になったと考えられるのです。
しかしながら、取引量の増えなかったものは、衰退していきました。FXが流行した後にはCFDが主流になると考えられていましたが、実際には取引を行う人はそれほど多くなかったために、サービスを停止する証券会社も現れたのです。
規制緩和によって様々な商品が登場したのですが、取引の少ない商品はすでに衰退していると考えられます。多様化が進む一方で、市場による選別も行われていると考えられるのです。