金融機関の競争

| 未分類 |

木
従来では個人が自分の資産の運用先として選択できる金融商品には限りがありました。そのため、多くの人たちは資産の運用先として金融機関の預貯金を選んでいたわけですが、肝心の預貯金の金利が低水準であるため思うように資産が増えていかないといった点が不満のタネとなっていました。
しかしながら近年では金融の分野における規制緩和が進められ、金融市場には実に多くの種類の金融商品が出回るようになっています。その結果、一般の投資家でも従来よりもより積極的な資産の運用をすることが可能になってきています。
従来の投資では一般の投資家と企業の間に金融機関が存在していたため、仮に投資によって収益があったとしてもその何割かは手数料という名目で金融機関に支払わなければなりませんでした。しかし、金融市場に多くの金融商品が出回ることによって、一般の投資家と企業が投資という行為を通じて直接お金のやり取りを行なうことができるようになったのです。
金融機関は日本には数多くありますが、どの金融機関も一般の投資家を集客するために新しい金融商品の開発・販売を積極的に行なっています。
金融機関は少しでも多くの投資家を集客するために競争をしているわけですが、新しい金融商品の開発・販売だけではなく、手数料の割り引きなどのサービスの面でも他の金融機関に負けないような努力を行なっているのです。