間接金融と直接金融

| 未分類 |

金融とは資金を融通することを指します。資金を必要としている主体に対して、資金が余っている主体から資金を融通するという方法を指すのですが、直接的に融通するのか、それとも間接的に融通するのかで二つの種類に分けられます。
直接金融とは、直接融通する方法を指します。具体的には株式や債券がこれに相当します。会社が株式を発行し、投資家がそれを購入すると言うことですから、会社と投資家の間で直接的に資金のやりとりが行われます。リスクも直接的に渡されることになるのです。
間接金融とは、間に別の金融機関が入る方法を指します。具体的には銀行です。銀行に預け入れた資金がどこかの会社へと貸し出されます。このとき、融資を行う事によるリスクは、預け入れた人は負うわけではありません。もしも会社が倒産したとしても、その損失は銀行側が負ってくれます。間接的に行われるというのは、このようにリスクがそのまま受け渡されないことを意味します。日本ではこちらの方が多く用いられていて、銀行が金融の中心的な役割を果たしていますが、これによって株式市場が充実しないと言うことから、政府としては直接金融が使われるような促進策を考えているのです。